<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近一定の効果を期待することの出来る最新技術のレーシックが登場し、非常に注目を集めています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
モノビジョンレーシックを行うことで、貴方の生活環境が大きく変わることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。

 

老眼鏡は「遠近両用メガネ」とも呼ばれているように、遠いところと近いところ両方見えるようにするためのメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:2021年04月18日

わたしたちのわたしって、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「ウエストがすいたなぁ〜」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「ウエストがいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
ウエストがすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ご飯を食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこでわたしは、
ご飯の前にウエストがすいてしまったら、
飴を一つ舐めるようにしています。

飴は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
ウエストがすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

シェイプアップ中は、
甘いものなどのおかし類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆にシェイプアップに役立つというわけですね。

また
我慢だけのシェイプアップで、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ご飯の食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のご飯は少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
飴はシェイプアップの強い味方ですよ!

みなさまも、是非お試しくださいね!