<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2021年10月15日

運動をやめたら、食事に気をつけよう!
こう思っていても、なかなか食べる量を減らせない…
ぼくはそうでした。

運動している時と同じ量を食べたら太る…
と解っているのに、
運動をやっている時の食事量に慣れてしまっているから、
なかなか量を減らすことができなかったんです。

今まで普通に食べていた量をいきなり減らすのは、
お腹もすくし、辛い事ですよね。

だったら、まずは食事の内容から変えていけばいいんです!
今までのように、何も考えず好きな物を食べる…
これではダメですよね。

野菜や肉、野菜など
バランスが摂れた食事にしていくべきなんです。

運動をやめた今、
ただ食べたい物だけをたくさん食べるよりは、
確実に体への負担も減ります。

食べる量がなかなか減らせないなら、まずは内容から!
食事の内容を見直して、改善するだけでも確実に変化は出ます。

さらに、運動をやめたら太っただけではなく、
風邪をひきやすくなったなど、
様々な症状があるかもしれません。

実際、ぼくは部活をやめてから
風邪をひきやすくなったんです。

しかし、これも食事で防止することが出来ます。
バランスよく摂れば、健康にも繋がるんですよね。

食事を改善しながら、量も少し減らしてみようかな…
と意識してみてください。

始めは減らなくても、
きっと自然に食事量も減っていくはずです。

食事をバランスよく摂ると、
けっこう満足感が出るんですよね。
だから、たくさん食べなくてもお腹が満足するんです。
その結果、少しずつ食べる量も減る。

つまり、量を減らそうと頑張り過ぎなくても
自然に減らす事ができるんですよね。

ダイエットは無理なく楽しく!が一番。
全てを一気にはじめるのではなく、
少しずつ頑張りましょう!